地方銀行が提供するビジネスローンと手数料や融資額などの魅力

ビジネスローンは、やはり銀行が活用される傾向があります。

ノンバンクでなく、地方銀行が利用されるケースは大変多いですね。

ところで後者の金融機関にはどのようなメリットがあるかというと、複数点があります。

まず多くの方々が重視するのは、やはり手数料ですね。

全社のノンバンク関連の会社の場合は、確かに手続きなどはスピーディーな傾向はあります。

ところが手数料などは、若干高めに設定されている事も多いのですね。

10数%の手数料と設定された金融商品などは、かなり数多く見られます。

ところが地方銀行の場合は、かなり手数料を抑えられるケースが目立つのですね。

10%未満の手数料の銀行も、かなり数が多いです。融資コストを抑えられる魅力が大きいの、確実でしょう。

まして銀行から資金を調達するとなると、ある程度まとまった金額になる事も、珍しくありません。

数%の手数料の差が、かなり大きなコストの差になる事も多いので、やはり手数料は軽視できませんね。

また地方銀行には、借りる事ができる最大額に関するメリットもあります。

そもそも人々は、ややまとまったお金を調達するケースもあるのですね。

基本的にその融資商品では数十万ほどの資金調達が行われますが、中には数百万ほどで借りたいと思う方も、たまにいます。

そして地方銀行ですと、かなり多くの金額を借りれる訳ですね。

中には1億前後の融資が可能な地方銀行もあります。

ちなみにメガバンクですと、そこまでが大きな金額は難しいケースもあります。

ノンバンクも同様ですね。まとまったお金を確保したいと思う方々にとっては、やはり魅力的なのです。

ただ地方銀行の場合は、幾つかのネックがあるのも事実です。

例えば対面での審査が行われるケースがあるので、銀行の窓口まで足を運ぶ必要があります。

しかし中には出張をしてくれる銀行もあるので、そこで申し込みをする法人の方々も多いですね。

それと銀行によっては、たまに担保が求められます。

建物や土地などを担保に入れなければならない商品も、たまにあるのですね。

しかし最近では、地方銀行としてはそれが不要な商品も増やしつつあります。

手軽に借りられる商品などは、ここ最近は増えてきているのです。

このようないくつかのデメリットはありますが、やはり上記のような手数料や融資金額などは、多くの法人にとっては魅力的な要素なのですね。

デメリットよりもその魅力の方が大きいので、地方銀行から借りる方々はかなり多く見られます。

どのような基準で各社の商品が比較される事が多いか

人々が何かの融資商品を選ぶ以上、必ず何か理由があります。

数多くの会社から選ぶ以上は、何か1つ判断基準があって、それで各社を比較しているケースが多いのですね。

では人々はどのような基準でビジネスローンを選ぶ事が多いかというと、主なものは3つあります。

まず手軽さを求める方々が、比較的多いですね。

そもそも融資商品の中には、手続きがやや複雑なタイプがあります。

マイホーム用の融資商品は、かなり手続きが面倒なのは間違いないでしょう。

必要な書類を多いですし、対面での面談が行われるケースもしばしばあります。

それで上記のビジネス用の商品を利用しようと思う方々は、そこまで多くの手間をかけたくないとお考えの事が多いです。

できれば手軽に申し込みができる商品が望ましいと思う訳ですね。

実際確かに、数ある商品の中には手続きが手軽なタイプがあります。

面倒な事が不要か否かで、金融商品を選ぶ方々は多いですね。

また上記の手軽さにも少し関わってくるのですが、抵当などで商品を選ぶ方々もかなり多いです。

そもそも融資商品の中には、建物や土地などを抵当に入れるタイプがあります。

それは、万が一の時に物件が売却されてしまうリスクもあるでしょう。

また手続きも少し面倒ですね。それでビジネスローンを利用しようと思う方々は、その抵当が不要なタイプを希望する傾向があります。

それが不要ならば、明らかに手続きは手軽になるでしょう。それに加えて不動産物件の売却リスクもありませんので、比較的安心して借りる事ができます。

その抵当がない融資商品を選ぼうと思う方々なども、かなり多いですね。

このような手軽さが重視されるケースが大変多いですが、やはり人々が最も重視するのは早さになります。

以前にその融資商品の申し込み者に対するアンケートも実施されましたが、早さを基準に商品を選んでいると回答した方々が、一番多かったのですね。

確かにお得意先などに支払いをするとなると、スピードが求められる事が多々あるでしょう。

即日の融資商品を求める方々などは、やはり圧倒的に多いです。

それ以外での理由でビジネスローンを選ぶ方々は、それほど多くありません。

CMが流れているかどうかで選ぶ方もいますし、自社オフィスの近くにお店があるかどうかを重視する方も居るのですが、やはり上記のスピードよりは回答者が少なめですね。

これらを考慮しますと、人々はビジネスローンに対して「申し込みの手軽さ」と「スピード」という2点を求めている訳です。