月別アーカイブ: 2016年7月

どのような目的で銀行などで資金調達されるか

ビジネスローンを契約する以上は、必ず何か理由があります。

理由が皆無にもかかわらず、わざわざその融資商品の契約をする事はあり得ないでしょう。

ところでその利用目的に関して、1つ興味深いデータがあるのです。

ある時に調査が実施されていたのです。

その融資商品で借りたお金を具体的に何に使いますかとのアンケートでしたが、次のような結果になったのですね。

まず比較的多かったのが、従業員に対する給与支払いです。

当然ですが法人の方々としては、雇用者に対してその大事なお金を支払わなければなりません。

ただ、もちろんそのお金を確保できているとは限らないのですね。

それを調達する為に、どこかの金融会社から借りる事例がかなり多く見られます。

それともう1つ多いのが、設備投資ですね。

そもそも事業の拡大などを行うとなると、様々な設備経費なども必要になってくるでしょう。

新たなことを始める為に、物品を購入するケースはよくあります。

小売商店などでは、新たな物を購入するケースは目立つのですね。

そのための資金を確保する為に、銀行などで申し込みをしている方々もかなり多いです。

そして最も多いのが、お得意先との兼ね合いです。

そもそもほとんどの企業には、必ずお得意先や取引先が存在するでしょう。

仕事を与えてくれる、とても大事な顧客ですね。

それでお得意先に対して、もちろんお金を支払うケースはあるのです。

自店で契約しているどこかの業者が良い仕事をしてくれたので、報酬を支払うケースもあるでしょう。

もちろんそれ以外の理由で、お金を支払う事もあります。

そしてその支払いは、とにかく信用に関わってきます。

万が一その支払いに遅れてしまえば、残念ながらお得意先からの信用が失われてしまう可能性もあるからです。

それでは会社の売り上げは下がりますね。

しかもお得意先に対する支払いは、大抵は期限が決まっています。

所定の日時までに支払わない事には、やはり信用が失われるでしょう。

それを回避する為に、スピーディーな融資を求める法人もかなり多い訳です。

このような誰かへの支払いや設備投資などを目的に、ビジネスローンが利用されるケースがとても多いのが実情ですね。

その他にも現在の借金を何とかする為に、敢えてそのビジネス用の融資商品を利用する法人も見られます。

そうかと思えば地代家賃や自社で用いている設備のリース料などで、運転資金に関わる融資も多いですね。

ただやはり最も多いのは、上記のお得意先に対する料金支払いです。

ビジネスローンで融資を受けられるかどうかに関わる色々な信用

金融関連のサービスを利用する時に重要視されるのは、「信用」です。

果たして貸しても問題無いかどうかを確認する為に、様々な意味での信用がポイントになるのですね。

ビジネスローンも、その1つになります。

例えば、他の会社での状況などは信用に大きく関わってきます。

事業用の資金を借りたいと思う方々は、必ずしも未経験とは限りません。

一度はどこかの金融会社のお世話になっていて、改めて新規で申込をしたいと思う方々も、やはり居る訳ですね。

ところでそのパターンで問題になるのが、その以前にお世話になっていた会社での状況です。

そこで何か問題が発生していたか否かは、重視されると考えて良いでしょう。

例えば以前の会社で滞納が発生していたか否かです。

やはり支払いに遅れが生じていたとなると、信用を疑われてしまう事はあります。

それで審査落ちになってしまうケースが、やはり多いのですね。

逆にその過去の状況で、信頼される事もあります。

他の会社で借りていた実績があって、全て完済をしていた事が明らかになったら、かなり優遇されるケースも多いのです。

他の会社で完済できていた以上、銀行から信用されるからです。

このように他社での状況は信用に関わりますが、それ以外にも本人の信用も重要なのですね。

意外と軽視できないのは、会社の代表者の信用です。

そもそもビジネスローンで融資を受ける為には、銀行などでの面談が必要になる事もあります。

その際に、実は代表者の立ち振る舞いなどは、かなり重視されると考えて良いでしょう。

身だしなみや態度などの要素は、実は融資可否には大きく関わってくるのです。

その時の対応で信用できると判断された時は、やはり借りやすくなる傾向があります。

もちろん立ち振る舞いだけでなく、社長の過去の経歴なども信用にも関わってきます。

それと法人によっては、社長が直接申込をするのではなく、誰か別の担当の方が手続きを行う事もあるでしょう。

部長や専務などの肩書きの方が、社長に代わって申込をするケースもよくあります。

その時にも、やはりその部下の信用面などが重視されるのですね。

それと会社の事業なども、やはり融資可否には関わってきます。

いわゆる怪しい仕事を行っていないかどうかは、明らかに信用面には関わるでしょう。

それと会社の財務状況が健全か否かも、やはり信頼度には大きく関わってきます。

このように色々な意味での「信用」が重視されるのは、この融資商品の特徴と言えます