どのような目的で銀行などで資金調達されるか

ビジネスローンを契約する以上は、必ず何か理由があります。

理由が皆無にもかかわらず、わざわざその融資商品の契約をする事はあり得ないでしょう。

ところでその利用目的に関して、1つ興味深いデータがあるのです。

ある時に調査が実施されていたのです。

その融資商品で借りたお金を具体的に何に使いますかとのアンケートでしたが、次のような結果になったのですね。

まず比較的多かったのが、従業員に対する給与支払いです。

当然ですが法人の方々としては、雇用者に対してその大事なお金を支払わなければなりません。

ただ、もちろんそのお金を確保できているとは限らないのですね。

それを調達する為に、どこかの金融会社から借りる事例がかなり多く見られます。

それともう1つ多いのが、設備投資ですね。

そもそも事業の拡大などを行うとなると、様々な設備経費なども必要になってくるでしょう。

新たなことを始める為に、物品を購入するケースはよくあります。

小売商店などでは、新たな物を購入するケースは目立つのですね。

そのための資金を確保する為に、銀行などで申し込みをしている方々もかなり多いです。

そして最も多いのが、お得意先との兼ね合いです。

そもそもほとんどの企業には、必ずお得意先や取引先が存在するでしょう。

仕事を与えてくれる、とても大事な顧客ですね。

それでお得意先に対して、もちろんお金を支払うケースはあるのです。

自店で契約しているどこかの業者が良い仕事をしてくれたので、報酬を支払うケースもあるでしょう。

もちろんそれ以外の理由で、お金を支払う事もあります。

そしてその支払いは、とにかく信用に関わってきます。

万が一その支払いに遅れてしまえば、残念ながらお得意先からの信用が失われてしまう可能性もあるからです。

それでは会社の売り上げは下がりますね。

しかもお得意先に対する支払いは、大抵は期限が決まっています。

所定の日時までに支払わない事には、やはり信用が失われるでしょう。

それを回避する為に、スピーディーな融資を求める法人もかなり多い訳です。

このような誰かへの支払いや設備投資などを目的に、ビジネスローンが利用されるケースがとても多いのが実情ですね。

その他にも現在の借金を何とかする為に、敢えてそのビジネス用の融資商品を利用する法人も見られます。

そうかと思えば地代家賃や自社で用いている設備のリース料などで、運転資金に関わる融資も多いですね。

ただやはり最も多いのは、上記のお得意先に対する料金支払いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です