年間所得の33%以上で借りる事は可能なビジネスローン

人々は様々な事情により、ややまとまったお金を調達したいと思う事があります。

銀行からお金を借りる方々も多いですが、何か都合があって高額で借りたいと思う事もある訳です。

ところでまとまった資金確保の際には、しばしば年間所得がポイントになってきます。

結論から言うと、年間所得の33%前後などは、1つの基準になるでしょう。

その金額を超えた資金調達となると、少し難しくなる傾向があります。

現在日本の金融業界では、総量規制というルールが採用されているのです。

この規制は、数年前に導入されたのです。例えば現在の年間所得が、300万だとします。

その場合は、原則として90万円以上で借りるのは難しいのですね。どこからこの90万という数字が出てきたかというと、上記の33%です。

日本のルールでは、33%以上で借りるのは難しいのですね。

したがって70万や80万などでは問題はありませんが、95万や100万などはさすがに難しい訳です。

キャッシングにも、そのようなルールがありますね。その商品では、あまり大きな金額の調達が難しい事も多い訳です。

ところでビジネスローンの場合はどうなるかというと、実は上記の対象外になるのです。

したがって上記のように年間所得が300万の方が申し込みをしても、状況によっては100万前後で借りられるケースがあります。

特に寛容なのは、個人事業主の方々ですね。法人などはやや難しい事はあっても、いわゆる個人事業主の方々は対象外となるので、33%を超えても借りられるケースがあります。

それで上記でも述べたように、キャッシングでは33%を超えると、難しい訳です。

しかしビジネスローンの場合は、たとえ超えても問題ない訳ですね。

まとまった金額の調達を望む時には、この商品のメリットは大きいでしょう。

ただし、やはり33%という数字は、1つの目安になる事だけは間違いありません。

確かにその数字を上回った時でも、借りられる事はあるのですが、正直ハードルはかなり高くなります。

というのも資金を調達する上での審査ハードルは、希望金額との関連性があるのですね。

多くの額を借りようと思うならば、それだけハードルも高くなってくるのは間違いありません。

33%を上回ると、それが相当高くなってくるのですね。特に個人事業主でなく法人の場合は、その傾向が顕著ですね。

ただし配偶者の存在も、実はポイントになる事があります。

配偶者の収入を合計すれば、もっと大きな金額を借りれる事もあるからです。

ですのでこの商品でまとまった資金を調達したい時は、配偶者にも相談をしておくのが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です