地方銀行が提供するビジネスローンと手数料や融資額などの魅力

ビジネスローンは、やはり銀行が活用される傾向があります。

ノンバンクでなく、地方銀行が利用されるケースは大変多いですね。

ところで後者の金融機関にはどのようなメリットがあるかというと、複数点があります。

まず多くの方々が重視するのは、やはり手数料ですね。

全社のノンバンク関連の会社の場合は、確かに手続きなどはスピーディーな傾向はあります。

ところが手数料などは、若干高めに設定されている事も多いのですね。

10数%の手数料と設定された金融商品などは、かなり数多く見られます。

ところが地方銀行の場合は、かなり手数料を抑えられるケースが目立つのですね。

10%未満の手数料の銀行も、かなり数が多いです。融資コストを抑えられる魅力が大きいの、確実でしょう。

まして銀行から資金を調達するとなると、ある程度まとまった金額になる事も、珍しくありません。

数%の手数料の差が、かなり大きなコストの差になる事も多いので、やはり手数料は軽視できませんね。

また地方銀行には、借りる事ができる最大額に関するメリットもあります。

そもそも人々は、ややまとまったお金を調達するケースもあるのですね。

基本的にその融資商品では数十万ほどの資金調達が行われますが、中には数百万ほどで借りたいと思う方も、たまにいます。

そして地方銀行ですと、かなり多くの金額を借りれる訳ですね。

中には1億前後の融資が可能な地方銀行もあります。

ちなみにメガバンクですと、そこまでが大きな金額は難しいケースもあります。

ノンバンクも同様ですね。まとまったお金を確保したいと思う方々にとっては、やはり魅力的なのです。

ただ地方銀行の場合は、幾つかのネックがあるのも事実です。

例えば対面での審査が行われるケースがあるので、銀行の窓口まで足を運ぶ必要があります。

しかし中には出張をしてくれる銀行もあるので、そこで申し込みをする法人の方々も多いですね。

それと銀行によっては、たまに担保が求められます。

建物や土地などを担保に入れなければならない商品も、たまにあるのですね。

しかし最近では、地方銀行としてはそれが不要な商品も増やしつつあります。

手軽に借りられる商品などは、ここ最近は増えてきているのです。

このようないくつかのデメリットはありますが、やはり上記のような手数料や融資金額などは、多くの法人にとっては魅力的な要素なのですね。

デメリットよりもその魅力の方が大きいので、地方銀行から借りる方々はかなり多く見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です